精神保健福祉科 夜間1年制

精神保健福祉科

めざす職業

  • 精神保健福祉士
  • 生活支援員
  • 精神科 ソーシャルワーカー
  • 就労支援員 など

学びのポイント

万全の国家試験対策で全員合格をめざす

1年間の教育課程の中に国家試験対策を効果的に組み込んでいます。また本校独自の分析や情報をもとにした指導方法や教育内容を展開。1年間という短期間で全員合格をめざしています。

最短2年間で社会福祉士とのWライセンスをめざす

本校では、社会福祉士の一般養成課程「社会福祉専攻科」を設置しており、再進学することで社会福祉士の国家試験受験資格の取得が可能です。 学費の一部が免除されます。
※精神保健福祉士の有資格者は、社会福祉士国家試験の共通科目が免除されます。

豊富な現場実習で実践力を強化

学外実習の機会を豊富に設け、実習を通して相談援助の基本姿勢やコミュニケーション能力など、精神保健福祉士としての実践力を養います。

数多くの医療・福祉施設で学べます

主な学外実習先
[精神科病院](医)微風会 浜寺病院/(医)長尾会 ねや川サナトリウム/(医)利田会 久米田病院/(医)好寿会 美原病院/(医)河崎会 水間病院/(医)北斗会 さわ病院[社会復帰施設]みとい製作所/夢野 地域活動支援センター/サポートセンター む〜ぶ/東成工房[診療所]つつみクリニック/かく・にしかわ診療所 他

入学前からの学習サポート

通信や通学による学習スタイルで、精神保健福祉領域における基本的な学習を入学前から事前学習として開始しています。学習への不安を解消し、4月から学習が速やかにスタートできるようにしています。

1年で幅広く援助技法を学び、精神保健福祉士を取得

多くの卒業生輩出によって培われた業界との強いネットワーク

業界の動向に即した質の高い実学教育を展開

こんな資格が目指せます!

  • 精神保健福祉士〔国家資格〕国家試験受験資格

国家試験合格率

カリキュラム

共通科目
  • 医学一般
  • 心理学
  • 社会学
  • 社会福祉政策
  • 地域福祉
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 公的扶助
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
専門科目
  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉相談援助の基盤I・II
  • 精神保健福祉に関する制度とサービス
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 精神保健福祉援助演習I・II
  • 精神保健福祉援助実習
  • 国家試験対策演習

在校生・卒業生の声

※コメントをクリックすると詳細が見れます

R.Oさん 京都府 立命館大学 情報理工学部出身

R.Oさん
京都府 立命館大学 情報理工学部出身

  • 大学
  • 本校入学
多くの体験が仕事への目的意識と自分の成長に結びついています。

大阪保健福祉を選んだのは1年で精神保健福祉士国家試験の受験資格を得られるから。また夜間なので、昼はアルバイトをしながら現場での経験を積みたいと思っていた私にはぴったりでした。この学科の魅力は実習の多さです。コミュニケーションを取るのが苦手だった私にとって、実習で人と関わりを持つことで、自分なりに工夫したり、自分自身と向き合うことができました。そのためコミュニケーションが円滑になっただけでなく、仕事への取り組みも変わりました。卒業後は、ひとりでも多くの人と笑顔で関わりを持てるような精神保健福祉士をめざしたいです。

H.Hさん 大阪府 太成学院大学 人間学部出身

H.Hさん
大阪府 太成学院大学 人間学部出身

  • 大学
  • 就職
  • 本校入学
学びたいこと、やりたいことを明確にする意識が生まれました。

教科書だけでなく、先生方の豊富な体験談を聞ける授業は、多角的で実践的な知識を多く得られます。実習前には、現場での体験シミュレーションができるグループワークがあるのも心強いです。実習を終えるたびに新たな課題が出てきますが、次へのステップに変えるため、自分のやりたいことを明確にし、失敗を恐れずに挑戦することが大切だと感じています。また、国家試験の合格率の高さが入学を決意した理由でしたが、試験対策のフォローも万全なので1年間でしっかり力をつけたいと思っています。将来は自分で施設を立ち上げるという目標を達成するため頑張ります。

H.Iさん 大阪府 関西大学 社会学部出身

H.Iさん
大阪府 関西大学 社会学部出身

  • 大学
  • 就職(NPO法人)
  • 本校入学
充実した実習と授業でのサポートで、めざす自分に近づいていることを実感。

大学を卒業してから、NPO法人で青少年の社会参加を支援する仕事に就いています。そこでは精神疾患をお持ちの方もいらっしゃるのですが、適切な援助をするためには、精神保健福祉士としての学びも必要だと感じ入学を決意。大阪保健福祉には、国家試験対策や時間外の特別講義、また現場で働く先輩からの話など学習意欲を高める機会がたくさんあります。学外実習では、自分の人に対する接し方のくせを知ることもでき、たくさんの発見と学びを得ることができました。医療・福祉は「人をつなぐ」仕事。自分だからできることを、もっと深めていきたいと思います。

A.Kさん  大阪府 帝塚山学院大学 人間文化学部出身

A.Kさん
大阪府 帝塚山学院大学 人間文化学部出身

  • 大学
  • 本校入学
目的意識があり、学びのモチベーションが高い仲間と一緒に頑張っています。

大学で心理学を学ぶうちに、精神保健福祉士の「患者さんに寄り添う支援」に興味を持ち、この仕事をめざしたいと思うようになりました。夜間のクラスなので昼間に働けるのが魅力。クラスはいろんな世代、経験を持つ方が集まっているので、社会勉強にもなります。仲間たちとは勉強会をひらくなどして、お互いに支え合ったりしています。学外実習では教室だけでは学べない経験や発見もたくさんありました。入院している患者さんの人権を保護するために法律の勉強の必要性も感じており、社会に出てからも学ぶことの大切さを忘れずにいたいです。

近日開催 学校・入試説明会

5/28(土) 10:00〜/14:00〜

お申込み

5/29(日) 10:00〜/14:00〜

お申込み

6/4(土) 10:00〜/14:00〜

お申込み

6/5(日) 10:00〜/14:00〜

お申込み

他のイベントをチェック!

夜間学科対象 学校説明会

再進学キャリアアップ支援最大60給付%

ワーク&スタディ制度

資料請求 オープンキャンパス