学費サポート

(1)日本学生支援機構

第一種

申込資格
高等学校最終2ヵ年または専修学校高等課程最終2ヵ年の成績の平均が3.2以上で経済的理由により修学が困難な者
手続き方法
入学後の奨学金説明会にて申込用紙を配布
種類
貸与
金額
自宅通学:月額20,000円/30,000円/40,000円/53,000円から選択
自宅外通学:月額20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円 から選択
利息
無利子
返還方法
卒業後9〜14年以内に、月賦または月賦・半月賦併用で返還
(返還期間は貸与年数による)

第二種

申込資格
出身学校または在籍する学校における学業成績が平均水準と認められる者、また経済的理由により修学が困難な者
手続き方法
入学後の奨学金説明会にて申込用紙を配布
種類
貸与
金額
月額:20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円/70,000円/80,000円/90,000円/100,000円/110,000円/120,000円から選択
利息
有利子(上限3.0%)
返還方法
卒業後9〜20年以内に、月賦または月賦・半月賦併用で返還
(返還期間は貸与年数による)

学費返済シュミレーションはこちら

予約採用制度

日本学生支援機構では、進学時に奨学金を希望する方を対象に、「予約採用」を実施していますので、貸与を希望する方は予約申し込みされることをお勧めします。申し込みは高等学校を通じて行い、募集は原則として毎年春に行います。詳しくは在学している高等学校、または日本学生支援機構までお問い合わせください。

入学時特別増額貸与奨学金

入学時にかかる一時的な経費に対応するため、入学月の貸与金額に増額して貸与を受ける事ができます。貸与金額は、100,000円、200,000円、300,000円、400,000円、500,000円から選択することができます。ただし、申し込みの条件として、第一種奨学金または第二種奨学金の貸与を受け、日本学生支援機構の指定する収入基準以下であるか、または、「日本政策金融公庫の教育ローンを利用できなかった事について(申告)」の書類を提出できる方が対象です。

(2)大阪滋慶育英会

受験生本人の兄弟姉妹が本校または、大阪滋慶学園姉妹校(大阪医療技術学園専門学校、大阪ハイテクノロジー専門学校、大阪医療福祉専門学校、大阪医療看護専門学校、出雲医療看護専門学校、鳥取市医療看護専門学校、美作市スポーツ医療看護専門学校、滋慶学園高等学校)に在籍または卒業している場合、奨学金100,000円が支給されます。

(3)施設奨学金制度

対象学科:介護福祉科
施設奨学金制度とは、卒業後2~3年間福祉施設で勤務すると、奨学金が全額返済免除となる制度です。この制度は1000名を超える卒業生が現場で活躍し、業界との強いつながりをもつ本校だからこそ実現した制度です。学費の負担 を少しでも抑えたいという方や、金銭面で進学を迷われている方はぜひこの制度をご利用下さい。

施設奨学金制度

(4)修学資金貸付制度

対象学科:介護福祉科・社会福祉専攻科・保健保育科

修学資金貸付制度は福祉職をめざす方に修学のための費用を無利子で貸し付ける制度です。なお、養成校卒業後、大阪府内の社会福祉施設などで5年間それぞれの職に従事した場合は返還免除となります。

【介護福祉科・社会福祉専攻科をご希望の方】

詳しくはこちら>>

【保健保育科をご希望の方】

詳しくはこちら>>

専門実践教育訓練給付制度について

※対象学科:看護学科/介護福祉科/精神保健福祉科/社会福祉専攻科

専門実践教育訓練給付制度とは、平成26年10月~から従来の教育訓練給付金制度を拡充してできあがった制度で、社会人の方のキャリアアップ・再進学を支援する制度です。対象の方には、1年で学費の最大50%が支給され、また受講終了後1年以内に資格を取得するとさらに20%が追加支給されます。さらに学科によっては、教育訓練支援給付金制度の利用も可能です。
受給資格など詳細はハローワークの方にお問い合わせください。

【対象者】
◎初回受給の場合は、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
◎以前に教育訓練給付金を受給し、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日までの間に10年以上雇用被保険期間を有している方(この場合、当該専門実践訓練の受講開始日までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません)

再進学キャリアアップ支援教育給付金制度

教育ローンについて

※本校では日本政策金融公庫、労働金庫などの学費ローンをはじめ、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、SMBCファイナンスサービス株式会社など本校提携により通常よりも優遇された金利の特別教育ローンがご利用いただけます。各制度により条件などが異なりますので、詳細は本校事務局までお問い合わせください。

日本政策金融公庫

対 象
本校に入学・在学される方の保護者(本人がご利用いただける場合あり)
資金使途
学校納付金・受験費用・教科書代等諸費用・住居費用(敷金・家賃等)
資金額
学生・生徒1名につき350万円以内
金利※
1.66%(母子家庭は1.26%)
融資期間
15年以内(据置期間含む)
返済据置期間
(利息のみの返済)
在学期間以内

審査
上記以外にも金融機関ごとに規定の審査基準があり、お借入出来ない場合がございます。詳しくは各金融機関にご相談ください。
取扱店
日本政策金融公庫の各支店
お問い合わせ
教育ローンコールセンター 
ナビダイヤル 057-008656
(公衆電話・IP電話・PHS・CATV電話等、上記番号がご利用いただけない場合 03-5321-8656)

※提携ローン金利適用の金融機関については、窓口にて滋慶学園グループである旨、お伝えください。
【ご注意】

●教育ローンの申込用紙は学校にはございません。各金融機関窓口でお申し出ください。
●必要書類等お申し込みに関することは、各金融機関へお問い合わせください。
●三井住友銀行・三菱UFJ銀行に関しては、教育ローン申込通知書(申込用紙とは異なります)が必要となりますので本校事務局へご連絡ください。

学費返済シュミレーションはこちら

FA(フィナンシャルアドバイザー)について
本校には、学費や生活費に関する相談に対して個別に学費を紹介する“FA”(フィナンシャルアドバイザー)制度を設けております。少しでも入学されるみなさんの不安が解消されればと考えていますので、お気軽にお問い合わせください。

高等教育の修学支援新制度について

※対象学科:看護学科/介護福祉科/社会福祉科/保健保育科

文部科学省では、意欲ある学生・生徒のみなさんの進学を支援するため、授業料・入学金の減免と、返還を要しない給付型奨学金の大幅拡充により、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の学費を軽減する方針を決定しました。
この新たな支援制度は、2020年4月から実施されており、本校も適用対象校として、認定されました。

原則、高等学校にて『給付型の新奨学金(予約採用)』を申し込んでおられる方が対象となりますので、詳細は高等学校の事務局等にお問い合わせください。
※ 在校生は、本校事務局までお問い合わせ下さい

文部科学省HP 『高等教育の修学支援新制度』について

日本学生支援機構HP 『新しい奨学金制度(給付型)』について

学費返済シュミレーション

日本学生支援機構
日本政策金融公庫

各種教育ローンのご案内

その他のご案内(終了分)

【重要】「学びの継続」のための 『学生支援緊急給付金』について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による更なる状況の悪化に伴い、特に家庭から自立した学生等において、大学等を中退せざるを得ないような事態も想定されることから、今回の新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入の大幅な減少等により、大学等での修学の継続が困難になっている方々に対し、国から給付金が交付されることが、決定いたしました。
つきましては、特に『申請の手引き P.5支給対象者の要件』をご確認頂き、対象となる方はお申し込みください。

■文科省 「学びの継続」のための 『学生支援緊急給付金』について

※ お申し込みは終了いたしました。


PAGE
TOP