社会福祉科 昼間4年制

社会福祉科 昼間4年制

相談者の問題解決に向け
さまざまな方法で働きかける
相談援助の専門職に。

総合的な援助支援の能力を持ち、保健・医療・福祉などの分野で専門性を発揮できる社会福祉士の養成をめざします。

めざす職業
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・生活相談員
・医療ソーシャルワーカー
・生活支援員
・就労支援員
・児童ソーシャルワーカー
・児童指導員 など
活躍のフィールド
・行政機関
・学校
・福祉施設
・病院 など
topics
01選べる専攻で2つの国家資格を目指せる

めざす将来に合った「学び」を、自分で選べる

地域福祉専攻

高齢者など福祉支援を必要とする人が、地域で安心して自立した生活ができるよう、制度やサービスの紹介などを行う社会福祉士をめざします。

めざす資格

・社会福祉士
・保育士
・福祉用具専門相談員
・福祉住環境コーディネーター
・福祉事務管理技能検定 など

めざす職種

・社会福祉士
・生活相談員
・生活指導員 など

精神保健専攻

精神に障がいのある患者さまやご家族の相談にのり、病院の受診や入院、退院後の生活、就職に向けたアドバイスなどを行う精神保健福祉士をめざします。

めざす資格

・精神保健福祉士
・社会福祉士
・コミュニケーションスキルアップ検定
・福祉英語検定 など

めざす職種

・精神保健福祉士
・社会福祉士
・スクールソーシャルワーカー
・就労支援員 など
02抜群の国家試験合格率

効果的に段階を踏んだ試験対策で合格力を高める

本学科では、1年次から効果的に段階を踏んだ試験対策を実施。同時に学外ボランティアなどでの現場経験を積むことで、国家資格の必要性を理解し、さらに合格力を高めます。

合格へつなげる3つのサポート

  • ①定期的な実力テスト・模擬試験で個人の実力を把握
  • ②個々のレベルに合わせた指導で確実に合格力をアップ
  • ③丁寧な個別カウンセリングで試験前の不安や疑問を解消
社会福祉士 精神保健福祉士 合格率
03様々なボランティア活動で実践力アップ

現場を経験し、コミュニケーションスキルを磨く

在学中に、地域のお祭りやまちづくりイベント、介護施設の行事などに、ボランティアスタッフとして積極的に参加します。地域福祉を体験する機会をたくさん持ち、幅広い年齢の方と触れあい会話をすることで、対人援助に必要なコミュニケーション力を磨きます。

学びのカリキュラム
ボランティア論

ボランティア活動の意義や役割について理解を深め、実社会における活動例や募集方法、コーディネート方法について見識を深めます。

相談援助演習

具体的な場面を想定して、相談援助の技術を個別、集団等さまざまな形態で提供できるように、ロールプレイングを中心とした演習形態で学びます。

カウンセリング演習

社会の中で人の援助に関わる多領域の専門職に必要なカウンセリングについて理解し、実践スキルを身につけます。

時間割(例)

 
9:00~10:30 相談援助の基盤と
専門職
福祉英語 相談援助演習 心理学理論と
心理的支援
現代社会と福祉
10:40~12:10 高齢者に対する
支援と介護保険制度
情報科学Ⅰ 相談援助の理論と
方法
カウンセリング
演習
人体の構造と
機能及び疾病
13:00~14:30 障害者に対する
支援と自立支援制度
キャリア設計 児童や家族に対する
支援と家庭福祉制度
精神疾患とその治療 ボランティア論
14:40~16:10 レクリエーション
技術
精神保健福祉
相談援助の基盤
低所得者に対する
支援と生活保護制度
基礎実習指導 ---
就職
幅広い分野から求人が多数、多様な選択が可能に

1年次から専攻を決定するシステムが、めざす将来像に合った学びを実現。専門性を持ったスペシャリストとして成長することで、活動の場が広がり、多様な選択が可能になります。

職種別 業種別 データ
資格
・社会福祉士[国家資格]国家試験受験資格
・精神保健福祉士[国家資格]国家試験受験資格(選択制)
・保育士[国家資格](選択制)
・JESC認定カウンセラー(校内試験により取得)
・介護職員初任者研修(学外講習を受講)
・福祉事務管理技能検定(校内試験により取得)
・JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定 (校内試験により取得)
・福祉英語検定(校内試験により取得)
語彙・読解力検定(校内試験により取得)
社会福祉士 精神保健福祉士 学校全体実績
在校生の声
在校生

他学科との交流で視野が広がり
専門分野以外の知識を学べる機会がたくさん。

スクールカウンセラーをめざしていたので、大学に比べて専門的なカリキュラムと実習が充実している大阪保健福祉で学びたいと思いました。入学してから実感した魅力は、イベントなどを通じ学内の他学科や姉妹校の学生と交流ができること。みんなと話をする中で、自分の学科だけにとどまらない多くのことを知ることができ、視野が大きく広がります。興味のある児童福祉分野とつながる知識を吸収して、あらゆる視点から支援していける専門家になりたいと思っています。

2年生
伊藤 ほのかさん
関西大学北陽高校 出身

卒業生の声
大阪府立吹田高校 出身

個々に合った支援で、利用者さまの日常をサポート。

障がいを持つ利用者さま一人ひとりのペースに合わせ、美術活動や空き缶集めなどの地域清掃活動、またコミュニケーションを図る支援をしています。学生時代に学外実習など現場に多く触れ、相手との距離感の大切さや、柔軟な考え方を養えたことが、今とても役立っています。入職してまだ間もないので学ぶことがたくさんありますが、利用者さまがより安心し、快適な生活を送っていけるよう支援をしていきたいと思います。

※コメントをクリックすると詳細が見れます

M.Fさん|精神保健福祉士(就労支援員) NPO法人 大阪精神障害者就労 支援ネットワーク JSN茨木 勤務 大阪府 府立清水谷高校 出身/帝塚山学院大学 出身

M.Fさん|精神保健福祉士(就労支援員)
NPO法人 大阪精神障害者就労 支援ネットワーク JSN茨木 勤務
大阪府 府立清水谷高校 出身/帝塚山学院大学 出身

企業実習先でイキイキ働く利用者さんの姿を見るとうれしく励みになります。

大学卒業後に4年半ほど一般企業で営業として働く中、職場でのメンタルヘルス(=心の健康)の大切さを痛感。精神保健福祉士として専門的な支援をしたいと思ったのが、この仕事をめざしたきっかけです。現在は精神障害の方が社会で働けるように、所内訓練や企業実習の支援、受け入れ先企業の開拓などを行っています。利用者さんが懸命に研修に取り組んでいる姿に、私が元気をもらっています。

Y.Kさん|医療ソーシャルワーカー 社会医療法人 清恵会 清恵会三宝病院 勤務 大阪府 府立堺西高校 出身

Y.Kさん|医療ソーシャルワーカー
社会医療法人 清恵会 清恵会三宝病院 勤務
大阪府 府立堺西高校 出身

「川東さんが担当で良かった」と思ってもらえる支援をしていきたいです。

入院調整や訪問診療などの調整業務でやりがいを感じるのは、患者さんやご家族の方から「ありがとうございます」とお礼を言われた時。支援ができたことをうれしく思うと同時に、すべての方にこのように思ってもらえるような仕事をしていきたいと感じます。大阪保健福祉の3年次に体育祭実行委員を経験した時に学んだ絆の大切さ。良い人間関係から良い結果が生まれる経験をこれからも活かしたいと思います。

社会福祉科オープンキャンパス

ページトップへ