平成29年度 卒業研究発表会を開催しました!

2018年1月17日(水)

あいにくの雨模様でしたが、大阪市中央公会堂にて

平成29年度 卒業研究発表会を開催しました!!

 

卒業研究発表会は、

卒業学年の学生たちが、自分たちでテーマを決め、長い時間をかけて取り組んでいた卒業研究の成果を

後輩たちや、業界のみなさまにむけて発表する、貴重な機会です

まさに学びの集大成ともいえます

 

 

午前中はポスター発表

選ばれたグループのメンバーは

研究内容をポスターにして、プレゼンテーションを行います

 

 

 

 

発表者以外の学生たちは、

気になる卒業研究のポスターのところで発表を聴講します

発表された研究内容を少しご紹介すると……

「Wii Fit Plus®」を利用したリハビリの研究

「ながらスマホ」に関する研究

【虐待】と【しつけ】の境界線についての研究

などなど、面白そうな研究テーマがいっぱいです

 

 

たくさんの人に注目され、大勢の立ち見がいるグループもありましたよ!

 

 

午後からは優秀演題発表

各学科から、最も優秀な研究として選ばれたグループが壇上で発表します

 

各学科のテーマはこちら

●看護学科

「実習期間中の看護学生が自ら招く睡眠不足」

●保健保育科

「潜在保育士を増加させない為の方法 ~実習後の意識の変化からの提案~」

●介護福祉科Ⅰ部

「都市部における自動車運転免許の返納への意向」

●介護福祉科Ⅱ部

「介護福祉士会の現状に対する意識調査」

●医療秘書・情報科

「ジェネリック医薬品の普及の歴史」

●社会福祉科

「三障害に対する福祉を学ぶ学生の認識調査~障害者差別解消法と相模原殺傷事件に関連付けて~」

 

 

普段の学習や実習、アメリカ研修などで感じた疑問や

気づきをもとに仮説をたてて、さまざまな調査や分析を行なっていました!

 

 

 

大勢の人の前での発表は、緊張したと思いますが

みなさん堂々としたプレゼンテーションでした

 

発表後の質疑応答では、学生だけでなく、

お越しいただいた業界のみなさまからも、鋭いご指摘をいただきました

たくさんの質問のおかげで、

今後の課題などが明確になり、研究への理解もより一層深まりました

 

また、特別発表として、

『滋慶学園英語スピーチコンテスト』で、みごと準優勝に輝いた

看護学科の学生さんの発表もありました

 

「私のライバル」というむずかしいテーマでしたが

思わず全員が釘付けになるほど、ステキな英語スピーチを発表してくれました

 

 

もうすぐ医療・福祉・保育の分野を専門とするプロになるみなさん

 

来賓でお越しいただいた業界の皆さまからは

「社会人になってもさまざまなことに興味・関心を持って取り組む姿勢を忘れずに頑張って欲しい」

といったお言葉もいただきました!!

今回の研究をこれで終わりにしてしまうのは、もったいないということ

 

3月の卒業式まで、残りわずかですが、

卒業するまでも、そして卒業後も

いろいろな分野に目を向け、主体的に学びつづけていってほしいですね!!

今回得られた気づきや、想いを大切に、それぞれの現場で頑張ってください

 

みなさん、おつかれさまでした

オープンキャンパス

資料請求


PAGE
TOP