保健保育科 夜主コース 2年制

保健保育科 夜主コース 2年制

子どもの医学に強い子育て支援の
スペシャリストを育成。

夜間中心のカリキュラムで集中的に学び、保育・子育て支援のスペシャリストをめざします。

めざす職業
・保育士
活躍のフィールド
・保育園、企業・病院内の保育所
・児童養護施設、乳児院、
 障がい児・者支援施設
・民間の託児事業所、
 商業施設内の託児施設 など
topics
01働きながら学んで資格を取得

Work&Study制度で昼間に働き、夜学ぶ

昼間に働くことで安定した収入を得られるため、自力進学を希望する方に合ったコースです。また就職活動では、履歴書や面接の指導、各種就職セミナーなど、夜主コースでも昼主コースと同じサポートを受けることができます。

01 経済的に自立できる

昼間に働きながら学費をやりくりすることで、学生でありながら経済的に自立することができます。

02 社会人力が身につく

社会に出て働く中で、社会人としての意識が養われます。また職場での人間関係を築くうえで、コミュニケーション力も磨けます。

03 授業の学びを即実践できる

学んだことを保育現場で即実践することで、高度な理論も身体で理解でき、実力アップにつながります。

04 就職活動でアピールできる

保育現場で働いた経験があることは、採用する側にとって大きな魅力です。就職活動での自己アピールにつながります。

02ライフスタイルに合った学びができる

最短の夜間2年間で保育士の国家資格を取得

2年間という最短期間で、卒業と同時に保育士の国家資格を無試験で取得できます。授業は平日は夕方6時からの開始なので、日中のまとまった時間をそれぞれの状況に応じて、無理なく使えます。自分のライフスタイルに合わせて学べることが、大きな魅力です。

03年齢層が広いクラスの魅力

世代の違う仲間と交流し人間的に大きく成長

高校卒業後すぐに入学した人や他分野の学校を卒業した人、社会人経験者など、さまざまな年齢、経験、学歴を持つクラスメイトが多くいます。新しい物の見方や考え方に刺激を受けて、モチベーションが高まるほか、人間的な成長にもつながります。

男女比は?

年齢層は?

入学前の職業は?

一般事務 / 大学生 / 専門学生 / 保育補助 / 主婦 / 接客業 / ツアーガイド / 看護助手 / 美容アシスタント など
(2016年 大阪保健福祉専門学校調べ)

学びのカリキュラム
実習事前指導

現場での実習を成功させるために、実習に向けての心構えや実習とは何かを学びます。また実習日誌の記入の仕方や実習に関する決まりなどを確認し、身につけます。

子どもの保健Ⅰ

小児特有の疾患や事故の要因と予防を理解し、保育の実践における保育活動の重要性や、小児の健康状態を日常生活レベルでとらえる力を養います。

造形Ⅰ

壁面工作や絵画、工芸など保育現場に必要な図画工作の技術を身につけ、子ども自身の表現活動を理解する力を養います。

時間割(例)

 
2 --- --- --- --- --- 法学
(日本国憲法)
3 --- --- --- --- --- 造形I
4 --- --- --- --- --- 社会福祉
5 --- --- --- --- --- コミュニケーション技法
6 保育の心理学I 児童家庭福祉 幼児体育 音楽I 情報科学 ---
7 実習指導 乳児保育 子どもの保健I 保育原理 保育内容総論 ---
就職
さまざまな保育フィールドで卒業生が活躍

多彩な現場での保育実習により、いろいろな保育スタイルを学びます。このことが将来の可能性を広げ、希望する就職への実現につなげます。

業種別 職種別 データ 保育士 100%
資格
・保育士 国家資格 (指定養成校)
・保健児童ソーシャルワーカー(教育認定校)
・JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定
(校内試験により取得)
・語彙・読解力検定(校内試験により取得)
※認定病児保育スペシャリスト
※ダンス教育指導士
※保育英語検定
保育士 取得率 100%
在校生の声
在校生

昼間しっかり働きながら、2年間で保育士の国家資格を取得できるのが魅力。

年齢がさまざまで、個性豊かなクラスメイトたちと学ぶのはとても楽しいです。授業中の先生方の保育体験を交えた指導は、わかりやすく面白いので楽しみながら学べます。初めての学外実習は、わからないことばかりで大変でしたが、生きた保育に触れることができたのでとても勉強になりました。夕方6時から始まる授業は、フルタイムで働いていても余裕をもって通えます。2年間で保育士の資格を取得して、子どもを笑顔にできる保育を実践していきたいです。

1年生
吉田 愛絵さん
大阪府立西寝屋川高校 出身

卒業生の声
兵庫県立川西明峰高校 梅花女子大学 出身

子どもの意欲を育てる環境づくりをめざして。

学生時代から働いていた今の職場で、日常の保育に加え管理職としてシフトや書類作成などの業務を行っています。大切にしているのは、それぞれの保育士が保育を楽しく実践できる環境づくり。常に楽しみながら子どもと接することを心掛け、子どもの意欲を後押ししていきたいと思っています。

保健保育科オープンキャンパス

ページトップへ