看護学科 昼間3年制

看護学科 昼間 3年制

医療を学び、こころを育む。
患者さまの心に寄り添える看護師に。

看護師として様々な場所で活躍できるよう、知性・人間性・確かな技術・高度な倫理観・国際性を身につけます。

めざす職業
・看護師
・助産師
・保健師 など
活躍のフィールド
・病院・クリニック
・福祉施設
・訪問介護ステーション など
topics
01戴帽式で決意を新たに

看護師になる新たな誓いと決意を胸に

学内での基礎学習を終え医療現場での学外実習を始めるにあたり、戴帽式を行います。 式典では、看護師のシンボルであるナースキャップを授与された学生が、キャンドルを手にナイチンゲール誓詞を述べます。そして、学生たちは看護する相手の立場に立ち、思いやりの心をもって看護を行うことを誓います。

02看護と介護の連携授業でチーム医療を学ぶ

現場で必要な多職種連携を、介護福祉科の学生と一緒に学ぶ

看護師と介護福祉士それぞれの専門性や役割、連携することの意義などを理解し、両学科の混合グループで議論や実習を行います。現場で不可欠な看護と介護の連携を学び、より良い関係を築く力や実践力を養う教育は、全国的にも珍しく業界から期待が寄せられています。

03丁寧な国家試験合格サポート

1年次からの試験対策と細やかな指導により、合格を徹底サポート

看護師として現場で働くために必要な国家資格。本学科では1年次からの試験対策ときめ細かい指導で、一人ひとりをしっかりサポートします。それが、全国平均を上回る高い合格率につながっています。

合格へつなげる3つのサポート

  • ①定期的な小テストで個人の合格力をUP
  • ②補習講義で弱点を徹底的に克服
  • ③個別カウンセリングを繰り返し、丁寧にサポート
04マネジメント学会で高度な看護力を養う

現役の医療職が集う研究発表の場に参加

毎年3月、医師などの医療職が集い発表や討議を行う日本医療マネジメント学会に、学生グループが参加し研究発表をします。看護師になると経験する研究発表に学生時代から参加することで、医療の質の向上に貢献できる高度な看護力を養います。

学びのカリキュラム
看護と介護の連携授業

看護学科と介護福祉科の学生が合同でグループワークを行います。お互いの役割を理解し、協働して患者さまを支える力を養います。

基礎演習

看護の対象となる患者さまを理解し、医療における看護の役割について学びながら、看護の実践に必要な基礎的な知識・技術・態度を習得します。

小児看護学概論

学生同士が小児看護の技術について、活発に意見交換をしながら実践力を身につけていきます。

基本技術論(フィジカルアセスメント)

肺や心臓など呼吸や循環に関わる身体機能に障がいを持つ患者さまについて、その特性を理解します。フィジカルアセスメントを学び、どのような援助が必要かを実践的に学びます。

時間割(例)

 
9:00~10:30 基礎演習 栄養と代謝 小児看護学
概論
微生物学 心理学
10:40~12:10 看護学概論 社会福祉 解剖生理学I 基本技術論
(フィジカルアセスメント)
保健・体育
13:00~14:30 論理学 自然科学の基礎 母性看護学
概論
生活援助論III 病態治療学
14:40~16:10 国家試験対策 --- 倫理学 人間関係論 国家試験対策
就職
圧倒的な求人数で確実に病院へ就職

「看護師になりたい」という将来の夢を持っている学生たち。その情熱にきちんと応えるサポート体制で、「病院で働く」という目標ではなく、「働きたい病院で働く」という満足のいく就職を実現させています。

就職率 就職先 データ
資格
・【国家資格】看護師 国家試験受験資格
・【国家資格】助産師  学校受験資格
・【国家資格】保健師  学校受験資格
看護師 国家試験 合格率 87.1%
在校生の声
看護学科
M・Wさん
大阪市立鶴見商業高等学校 卒業

色々な学科の人と交流できるところが魅力。

大阪保健福祉に入学を決めた理由はなんでしたか?

看護学科以外にも、介護や保育など、さまざまな学科があり、連携授業や体育祭、学園祭などで交流できるところがいいなと思い、入学しました。

看護師を目指そうと思ったきっかけは何ですか?

小学生のときにケガで入院したときに、看護師さんがとても親切で優しくしてくれたので、自分もそんな風になりたいと思い、この仕事を目指しました。

クラスの雰囲気を教えてください!

とても元気なクラスです!明るくて楽しいクラスメイトばかりです。

続きを読む

看護学科
K・Tさん
四天王寺高等学校 卒業

先生方のわかりやすい指導で夢に向かってがんばれる!

入学してよかったことはなんですか?

看護の知識を何も知らないまま入学したので、すごく不安でした。先生方が身だしなみなどの基本的なところから、専門的な勉強までしっかり教えてくださるので、頑張ろう!という気持ちになれます!

これからの専門学校生活で頑張りたいことは?

入学後、看護師の仕事の大変さを改めて感じました。憧れの看護師への道はまだまだ遠いですが、日頃の復習を怠らず、国家試験合格を目指して頑張っていきたいです!

入学後、一番楽しかったことは?

実は人見知りで、友達ができるかすごく不安でした。今では、同じ夢を目指すたくさんの友達と一緒にお昼ごはんを食べることが毎日の楽しみです!!

続きを読む

在校生の声をもっと見る

卒業生の声
大阪府立豊島高校 出身

命を守り、心を支える責任を胸に。

医療現場はチームで動き意見交換が活発に行われるため、在学中にグループワークをたくさん経験できたことが今、とても役立っています。患者さまの命と心を支える日々の仕事においてやりがいに思うのは、「あなたの笑顔を見ると元気が出る」と言っていただけること。これからも笑顔を絶やさず、患者さまに心を開いていただけるような関わりを大切にしていきたいと思います。

※コメントをクリックすると詳細が見れます

H.Mさん|看護師 公益財団法人 日本生命済生会付属 日生病院 勤務 大阪府 府立高槻北高校 出身

H.Mさん|看護師
公益財団法人 日本生命済生会付属 日生病院 勤務
大阪府 府立高槻北高校 出身

「ありがとう、がんばってね」
患者さんからのひと言が、私の心の支えに。

Q. 看護師としてのやりがいは何ですか?
A. 患者さんから感謝の言葉をいただけることです。 日勤帯では4~5人の患者さんを担当し、検温や手術の送り出し、術後のケアなどを行っています。看護師1年目の私は、まだ業務に追われ、未熟さを痛感する場面も多くあります。そんな私でも「あなたに話を聞いてもらえて良かった」「ありがとう、がんばってね」と言っていただけると、とてもうれしく思います。患者さんやご家族からの感謝の言葉に励まされ、「勉強しよう」「笑顔を忘れずにいよう」と前向きな気持ちになれます。
Q. 在学中の学びで役に立っていることは?
A. 保清の技術などでは、先輩から褒めていただきました。 看護学科は実習時間がとても多いので、辛かった反面、基本的な看護技術はしっかり身につきました。働き始めてまだ間もない頃、保清の仕方で先輩の看護師の方に褒めていただいたこともあります。アメリカ研修中に体調不良でERを受診した時、現地のナースの笑顔に安心したこと、仲間と一緒にがんばった勉強や学内イベントなど、大阪保健福祉で過ごしたすべての時間が最高の思い出です。ぜひ皆さんも、キャンパスライフを充実させてください。

看護学科オープンキャンパス

ページトップへ