介護福祉科 昼間2年制

介護福祉科 昼間 2年制

地域との関わりや医療との連携に貢献し
次世代の介護を創造できる介護福祉士に

高齢者や障がい者を安全にサポートする専門的な知識や技術を身につけ、地域福祉に貢献できる介護福祉士の育成をめざします。

めざす職業
・介護スタッフ
・訪問介護員 など
活躍のフィールド
・福祉施設
・病院 など
topics
01時代のニーズを反映した先進教育

「介護」+「医療」+「予防」領域をトータルに学び、ハイレベルな介護福祉士を育成

多様な生活支援や介護予防サービスの提供が求められる介護現場で活躍するため、「介護」「医療」「予防」を総合的に学びます。また、その知識や技術を地域の介護現場で活かし、「生きた学び」へとつなげます。

02夢と元気を社会へ発信

介護の日イベント

例年11月11日「介護の日」に介護イベントを実施。一般の方々や業界の方々に、利用者さまの夢を叶える現場での取り組みなどを紹介し、介護の仕事の魅力を伝えています。

03圧倒的な資格取得数

2年間で最大15種類の資格が取れる

現場で役立つ資格を最大で15種類、自分のペースや将来の目標に合わせて取得できます。数多くの資格を持つことで、福祉業界でトップリーダーとして活躍できる介護福祉士をめざせるのはもちろん、自分の活躍の幅や可能性を大きく拡げ、さらに将来のキャリアアップにもつながります。

学びのカリキュラム
看護と介護の連携授業

介護福祉科と看護学科の学生が合同でグループワークを行います。お互いの役割を理解し、協働して利用者さまを支える力を養います。

医療的ケア

たんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろう、腸ろう)に関する知識・技術を習得します。

生活支援技術Ⅱ

学内で学んだ知識や技術を介護の現場で応用活用します。利用者さまとの人間的な関わりを通じて、高度な実践力を養います。

認知症の理解

認知症の方の喪失体験や心の痛み、特徴的な症状を理解したうえで、状態の安定や向上に向けた接し方などを学びます。

時間割(例)

 
9:00~10:30 生活支援技術II 認知症の理解 こころとからだのしくみ 現代社会と職業 医療的ケア
10:40~12:10 生活支援技術II 人間関係と
コミュニケーション
福祉英語 介護過程 介護予防
13:00~14:30 人間の尊厳と自立 介護の基本I 生活支援技術I 情報科学 介護総合演習
14:40~16:10 介護福祉特講 家政調理実習 発達と
老化の理解
障害の理解 介護福祉研究
(グループ研究)
就職
豊富な求人数で希望条件を満たす就職を実現

ますます高まるニーズと就職サポートにより、介護福祉科は例年、高い就職率を達成。卒業生の活躍ぶりが業界から高く評価され、全国の福祉関連施設・企業などから求人が数多く寄せられます。

業種別データ 介護スタッフ 100%
資格
・介護福祉士 国家資格(卒業年次に国家試験受験予定)
・介護予防運動トレーナー(校内試験により取得)
・レクリエーション・インストラクター(卒業時に無試験で取得)
・JESC認定カウンセラー(校内試験により取得)
・福祉事務管理技能検定(校内試験により取得)
・福祉住環境コーディネーター(外部試験を受験)
・福祉英語検定(校内試験により取得)
・JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定
(校内試験により取得)
・スチューデントトレーナー(初級)
・健康ケアトレーナー
・認知症ケア指導管理士(外部試験)
・アロマテラピー検定(外部試験)
・メイクセラピー検定(外部試験)
介護福祉士 合格率 100%
在校生の声
在校生

楽しい行事が多くあり資格もたくさん取れて毎日が充実しています。

中学の時、大好きだった祖母が要介護の状態になりました。その時、何もできなかった自分が悔しくて、「介護福祉士になり、一人でも多くの高齢者を支えたい」と思いました。大阪保健福祉に入って良かったことは、アメリカ研修など学校行事が充実していること。また、熱心な先生方の指導のおかげで、資格もたくさん取得できます。夢を叶えるために実習や勉強に取り組んでいる毎日は、メリハリも達成感もあってとても充実しています。個性豊かな友達も、一緒に夢をめざす心強い味方です。

2年生
伊西 里佳さん
大阪府立門真なみはや高校 出身

卒業生の声
大阪府立芦間高校 出身

高齢者の夢を叶える取り組みにさらに挑戦していきたい。

通常の介護業務に加え、利用者さまの快適性を追求する排泄委員会やクールビューティー委員会、ひなまつりなどを企画する行事委員の仕事をしています。職場では、選択科目で学んだアロマセラピーを企画に活かしたり、音楽療法をコミュニケーションに役立てています。これから先、学生時代の取り組みで介護のイメージを一新した「高齢者の夢を叶えるプロジェクト」を自ら発信し、実現していきたいです。

※コメントをクリックすると詳細が見れます

Y.Nさん|介護福祉士 社会福祉法人 幸和会 特別養護老人ホーム ふるる 勤務 大阪府 府立北摂つばさ高校 出身

Y.Nさん|介護福祉士
社会福祉法人 幸和会 特別養護老人ホーム ふるる 勤務
大阪府 府立北摂つばさ高校 出身

その方にとって「何が一番大切か」を常に考え、
いつも笑顔で接するよう心がけています。

Q. お仕事で心がけていることは何ですか?
A. 利用者さんと楽しく話せる時間を多くつくるようにしています。
介護福祉士としての生活支援はもちろん、ケアプランの作成から終末期の看取り介護までを担当しています。勤務中は例えどんなに忙しくても、利用者さん一人ひとりと落ち着いてコミュニケーションをとり、できる限り接する時間をつくる努力をしています。これからもずっと楽しい雰囲気の中で相手の気持ちをくみ取り、「何が一番大切か」を考えることを忘れずに援助するよう心がけていきたいと思います。

Q. 大阪保健福祉で学んで良かったことは?
A. 今でもかけがえのない存在である仲間たちに出会えたことです。
就職してから改めて、先生や仲間に恵まれた幸せを感じています。入学当初は、みんなとうまく接することができませんでしたが、同じ夢をめざす仲間同士、学生生活をとおし関わっていくうちに、かけがえのない存在となりました。在学時の友達とは今でも連絡を取り合っていて、話をするたびに「自分もがんばろう」と仕事に対するモチベーションが上がります。これからもお互いに刺激し合いながら成長しつづけていけたらと思います。

介護福祉科オープンキャンパス

ページトップへ