【医療秘書・情報科】クリニックで働く卒業生インタビュー♪

先日のオープンキャンパスに、今年3月に医療秘書・情報科を卒業した山本さんが卒業生スタッフとして手伝いにきてくれました

 

 
現在は、クリニックで受付と診療補助をしています
専門学校入学後、クリニックでアルバイトをしていて、声をかけていただきそのまま就職をしました

 

そんな山本さんに、直撃インタビュー!!

 

仕事をしていて楽しいことはなんですか?
受付で患者様と世間話をしている時や、受付をした患者様をスムーズに案内できた時です働いているクリニックでは、医事課と看護師との連携がとても良く仕事がスムーズに進みます。

 

 

仕事で「失敗したな~」ということはありますか?
案内がスムーズにできなかったことです判断を間違えて患者様を待たせてしまいました

 

 

医療業界に興味を持ったきっかけは?
高校2年の入院の時に、病棟クラークの方にお世話になりました優しくしてもらい、憧れたことがきっかけで、病院で働きたいと思うようになりました
本校に入学しようと決めたのは?
オープンキャンパスで、専門知識の勉強ができるのはもちろん、人として成長できる環境だと思ったので決めました
学生時代の思い出は?
アメリカ研修や体育祭、学園祭の行事はもちろん楽しかったですが、1番の思いでは日々の授業です
雑談も含めていろんな話を講師の先生からしてもらえるので、いろんな知識が増えました。小テストが嫌と思うこともありましたが今思うとちゃんとやってて良かったと思います

 

 

 
特に印象に残っている授業は?
医学です。まず先生が面白い難しいですが、知識が増えていく楽しさの方が上でした

 


卒業した今、これはやっておいた方がいいということは?
医療券や保険の種類をもっと勉強しておけばよかったです
在校生に一言
学生時代はいろんな人と関わった方がいいです特に講師の先生は経験豊富なので話や意見を聞くことが大事ですし、とても役に立ちます。あと何事にも積極的になってください。
これから医療事務の学校に進学しようと思っているみなさんに一言
自分の将来のことをよく考えることが大事だと思いますオープンキャンパスに参加して自分に合う学校をみつけてください。私も参加をしてここだと思いました。

 

ありがとうございました。

 

山本さんは学生時代から、周りをみて行動することができて、常に笑顔という印象です

山本さんのいつでも変わらない明るさと前向きさが私はとても好きですこれからもお仕事頑張ってくださいね!

 

医療秘書・情報科について⇒こちら

医療秘書・情報科 教員より

ページトップへ