適性AO入試(精神保健福祉科・社会福祉専攻科)

適性AO入試について

適性AO入試とは、学力試験を中心とした従来の入試制度ではなく、各学科の養成する人材としてふさわしい資質や学ぶ姿勢を持った方を、事前課題や本校教員との適性面談を通じて、あなたの意欲や適性などを中心に選抜する入試制度です。適性面談は、エントリーシートに基づいてあなたの夢や何を学びたいかなど、進路選択をリラックスして一緒に行なうものです。本校の説明会に必ず参加し、本校の教育方針や興味のある学科の教育内容や職業を十分に理解したうえでのエントリーが条件となります。

学科名
  • 精神保健福祉科
  • 社会福祉専攻科
エントリー資格
●下記のいずれかに該当する者
  • 4年制大学を卒業した方。(卒業見込み者含む)
  • 4年制専修学校を卒業した方。(修業年限4年以上の専門課程)
  • 短期大学(修業年限3年に限る)などを卒業後、厚生労働省の指定する施設において1年以上、相談援助の業務に従事した方。
  • 短期大学(修業年限2年に限る・夜間は除く)などを卒業後、厚生労働省の指定する施設において2年以上、相談援助の業務に従事した方。
  • 高等学校卒業または同等以上の能力があると認められた方で、厚生労働省の指定する施設において4年以上、相談援助の業務に従事した方。
●事前に本校の説明会に参加し、希望学科とその職業内容を十分に理解している方
※専願者に限る
試験科目
小論文・適性確認面談
選考料
20,000円
出願期間
6月1日~
各試験日の前日午後5時必着
試験日
6月25日(日)・7月30日(日)・8月27日(日)・9月24日(日)
※厚生労働省の指定する施設については、詳しくは入試事務局にお問い合わせください。

※提出された書類・選考料は返却いたしません。

 

適性AO入試の流れ

適性AO入試の流れ

小論文テーマ (過去に出題された内容)

下記のテーマ(1つ)について、800字以内で考察を述べなさい。(60分間)

精神保健福祉科
●あなたが考える障害者の社会参加とは
●精神障害者の人権擁護(権利擁護)について
●地域援助活動における精神保健福祉士について
社会福祉専攻科
●地域で起こる福祉問題について、社会福祉士が地域で果たす役割について
●施設・病院で起こる福祉問題で、社会福祉士が果たす役割について
●これからの社会福祉士に求められる資質・能力について

提出書類について

提出書類等 適性AO 備考
(A)入学志願書 ●本校指定用紙を使用し、必ず本人が黒色のボールペンを使って楷書で記入してください。
●写真2枚(正面上半身、脱帽、無背景で3ヶ月以内に撮影したもの。4cm×3cm。)
 入学志願書、受験台帳(控)用にのり付けしてください。
(B)受験票・受験台帳(控)
(E)適性AO入試
  エントリー シート
●本校指定用紙(用紙(E))に記入の上、提出してください。
(F)実務経歴証明書 ●応募資格に相当する実務経歴内容を記載し、所属長の証明印をもらってください。
※実務経歴をお持ちの方に限ります。
※成績証明書 ●大学のもの(厳封したもの)を提出してください。
※卒業証明書 ●大学のもの(厳封したもの)を提出してください。
※卒業見込みの方は、卒業見込み証明書を提出してください。
選考料 20,000円 ●募集要項冊子に添付の払込用紙にて郵便局よりお振り込みください。振替払込受付証明書を台帳に貼り、同封してください。

※成績証明書、卒業証明書の書式は、各学校の指定のものとします。
※健康に不安のある方は、実習や、就職の際に、不利益が生じる恐れがありますので、本校までお問い合わせください。
※適性AO入試エントリーシート(E)は、願書と同封のうえ提出してください。

願書提出

【郵送の場合】本校指定の出願用封筒に提出書類を一括同封し、簡易書留(郵便局窓口へご提出)で郵送してください。(締切日必着)
【持参の場合】本校窓口でも受付いたします。(午前9時より午後5時まで)但し、祝日および年末年始は受付しておりません。
※提出された書類、選考料は返却いたしません。
〒532-0003
大阪市淀川区宮原1-2-47 
大阪保健福祉専門学校 入試事務局宛

出願受付

6月1日から受付します。

出願期日

願書締め切りは各試験日前日の午後5時まで
※郵送の場合は締切日必着となりますのでご注意ください。

各入試方法一覧

ページトップへ