【精神保健福祉科】夜間通学制をオススメする3つの理由

精神保健福祉士の受験資格を取得するには、

福祉系の大学を卒業するか、「養成校」と呼ばれる専門学校を卒業する必要があります。

専門学校は大きく【 通学制 】【 通信制 】に分けられ、

さらに【 通学制 】は【昼間課程】と【夜間課程】に分けられます。

ここでは夜間通学制のメリットを3つにまとめてご紹介いたします。

 

お昼間の時間の有効活用

授業は夜間に行われるので、

お昼間の時間は現場のアルバイトやボランティアに参加することができます。

学生の段階から現場経験を積むことで、実践力を身につけることができます。

さらに、現場の知識とリンクさせることで国家試験勉強もはかどります

 

高いモチベーションと合格率

充実した講師陣と、目的意識を持った同級生という環境は、受験生にとって最適です。

実際、【 通信制 】の専門学校の合格率(64.8%)に比べて

【 夜間通学制 】の本校の合格率は、92.3%と非常に高くなっています。

 

 

担任による丁寧な学習サポート

学校生活やキャリア設計など、悩んだり迷ったりしたことについて

すぐに面接相談をすることができます。

学生さんの多くが不安に思う現場実習についても相談しながら進めていきます。

 

単に精神保健福祉士の受験資格を得るだけではなく

確かな学びを得るために【 通学制 】で学ぶことをオススメしております。

中でも、夜間1年制は、短い時間で現場経験と知識を学ぶことができますので、

最も効率的に資格取得を進めることができます。

精神保健福祉士の資格取得に向けて、

ぜひ本校の精神保健福祉科をご検討ください。

資料請求オープンキャンパスへのご参加をお待ちしております!

ページトップへ