【看護学科】★2017年戴帽式★

2017年11月4日(土)

ホテルニューオータニにて、看護学科1年生の戴帽式が行われました

今年の戴帽生は85名

来賓のみなさま、保護者のみなさまにもたくさんお越しいただき、

広い会場はいっぱいになりました

 

会場前にはこれまでの学びの様子が写真で展示されています

戴帽式とは、看護学生が本格的な病院実習に行く前に行う儀式です。

ナイチンゲールがともした灯を受け継ぎ、

看護師の象徴であるナースキャップを頭にいただきます

一人ひとり壇上で先生からナースキャップをかぶせてもらい、

 

ナイチンゲール像から、ろうそくに灯を受け取りました

 

 

全員が戴帽を終えたら、

ナイチンゲール誓詞を唱和し、ナイチンゲール賛歌を歌います

灯を持ち、堂々とした姿のみなさん。

立派な姿に教職員も感動です……

 

 

戴帽生を代表して、2名の学生が宣誓をおこないました

式の最後には、今まで支えてくださったみなさまに向けて、感謝の詞を伝えます。

学生の想いが込もった詞に、保護者さまの中には涙ぐまれる方もいらっしゃいました

 

 

これから病院での実習に臨む1年生。

入学直後と比べると、だんだん看護師らしくなってきました

1人前の看護師になるにあたって、

悩むこと、大変なこと、様々な壁にぶつかることもあると思います。

そんな時には、この戴帽式の「感動」「決意」を思い出して、

看護に携わる者としての道を一歩ずつ、みんなで頑張って歩んでいきましょうね!

 

 

ページトップへ