【介護福祉科】 施設の敬老会で利用者様にメイク・アロマを!

9月18日は敬老の日敬老の日は、長寿を祝う日とされています

88歳を米寿90歳を卒寿99歳を白寿100歳を紀寿・百寿と言い、お祝いがなされます

 

日本の平均寿命、知っていますか

男性  80,98歳、 女性 87,14歳なんですよ 世界一の長寿国と言われています

福祉施設でも100歳を超える利用者様はたくさんいらっしゃいます

 

今回、特別養護老人ホームで行われる敬老会で、『フクシル』さんとコラボし、ファションショーを行いました

お祝いをされる利用者様に、事前にどのような服を着たいか、好きな洋服についてのお話しを伺いました

結婚式をしていないから、ドレスが着たいな~

寒いところは苦手だから、暖かい気持ちになれる服がいいな~

探偵みたいな服を着てみたい~

など、学生がお話しを伺い、『フクシル』さんが衣装をそろえて下さいました

当日は、選択科目での学びを活かし、

利用者様の衣装に合わせたメイク

メイク担当の先生と最終の打ち合わせを行い、

来られた利用者様にメイクをさせて頂きます

また、出番までの間、リラックスして頂けるようにとアロマの香りとハンドマッサージ

お話しをしながら出番を待ちます

綺麗になった姿を鏡で見て、「わー綺麗!嬉しいわ!」と喜ばれたり、

「こんなん恥ずかしいわ」と照れ笑いされたり

見ているこちらも嬉しくなりました

 

いよいよファッションショーのスタート

レッドカーペットを施設の職員の方と歩き、お花とお祝いの品が手渡されました

学生も施設の方と一緒にお花を渡します

 

終わった後は、緊張もほぐれた様子で学生に「ありがとう、楽しかったわ」などと声をかけて下さいました

いくつになってもおしゃれを楽しみたいですよね

 

今回、ファッションショーをさせて頂き、利用者様の思い・夢を大切にすること、

様々な方との協力で夢が叶えられるということを学びました

 

今回の取り組み、学びは、11月11日の介護の日に発表させて頂く予定です

ぜひ聞きに来てくださいね

 

介護福祉科 教員より

 

 

 

 

 

 

ページトップへ