【介護福祉科】介護の日イベント!!

こんにちは

 

毎日暑いですね~

介護福祉科の学生はこの8月、暑さに負けず、前期試験、介護の日イベントの

練習を頑張っていましたよ

 

今回は8月5日に実施された介護の日イベントの報告をさせて頂きます

このイベントは介護福祉科の学生が中心となって、介護の仕事の魅力をいろんな方にお伝えすることを目的としたイベントです。

毎年、年に2回(夏と11月11日介護の日)このイベントを実施しています

 

今回は新大阪にあるKOKOPLAZA(ココプラザ)で開催されました

 

イベントは朝10時にスタート

開会のあいさつ後、老人施設の紹介がありました

 

特別養護老人ホーム: 社会福祉法人隆生福祉会 ゆめパラティース

介護老人保健施設: 社会医療法人愛仁会 介護老人保健施設 しんあい

介護付き有料老人ホーム: パナソニック エイジフリー株式会社

老人ホーム:サンセール香里園

 

それぞれの施設につて詳しく説明して頂き、学生も来場者さんも真剣な表情で

聞き入っていました(施設での利用者様の生活~気になる職員の福利厚生についても詳しく説明してもらえましたよ

 

 

学生にとっても「色々知ることができた!」、「就職活動に役立つ内容だった!」

とすごく勉強になったようでした

 

施設の発表後、介護福祉科 藤原学科長が「介護学生の就職先に求めること」

について話しました(卒業後の就職先、職種別離職率の比較など)

卒業生や高校生に取ったアンケート結果をもとに、高校生や卒業生の声も聴く事ができました

 

 

ここからはいよいよ学生の発表ドキドキ

この日のためにみんな一生懸命練習をしてきました

 

まずは1年生で頑張っているベトナムからの留学生の発表からスタート

・ベトナムから日本に来て驚いたこと、

・ベトナムの紹介

・日本とベトナムの介護の違い

・私たちの夢

などについてスピーチをしてくれました

(この日の為に何度も何度も練習を重ねていたので、当日は素晴らしいスピーチができていました日本にきて驚いたことのスピーチでは笑いがあり、会場が和やかな雰囲気になりましたよ

 

 

次は1年A組の発表

・介護劇

・介護福祉士を目指す介護学生として今頑張ること

について発表してくれましたよ

(ダンスの好きだった高齢者の女性が転んでケガをしてしまい、

入院したというストーリーの流れを何と影絵で表現

そこからは劇で女性が新人介護福祉士と出会い、

リハビリ体操をきっかけに元気になる姿を表現

介護の魅力を伝えられるように頑張って練習しました

 

続いて、1年B組の発表

・ボデーパーカッション(世界に一つだけの花に合わせて)

・リハビリダンス(ビートルズのLONG TALL SALLYに合わせて)

(「かっこいい他にないリハビリダンスを考えて発表したい!」

「会場の人を元気にできる発表をしたい!」という思いの元、

ひとりひとりが懸命に練習に取り組んでこの日を迎えました

 

 

そして、最後に・・・

福祉施設を回って高齢者の方を元気にする活動をしている

ソーラン部の発表がありました

 

大迫力のソーラン節に、会場は大いに盛り上がり、イベントは幕を閉じました。

 

来場者の方からは

「学生の元気な姿を見る事ができてよかった」

「介護の良さが伝わった」

「発表を見て感動しました」

との嬉しい感想が沢山寄せられていました

 

介護の道に進もうとしている高校生からは、

「自分の将来像が浮かんだ」

「先輩達の発表がすごかった!私も先輩達のようになりたい!」

「ソーラン部がかっこいい!」

との嬉しい感想も

 

このイベントを通して、少しでもたくさんの人に介護の仕事の魅力ややりがいをお伝えできていたら嬉しいです

 

次回の介護の日イベントは11月11日です

詳細はまた日にちが近くなった頃にお知らせしますので、

楽しみにしていて下さい

 

 

介護福祉科 教員より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ