【保健保育科】保育士が活躍している保育園以外の児童福祉施設って?

大阪保健福祉専門学校で保健保育科は・・・

やっぱり医療・福祉分野への就職に強い

昨年度(2016年4月~17年3月)卒業生の就職先の15%が児童養護施設と乳児院です

この15%という数字は、とっても大きいんですよ

 

来月の7月17日は、

「児童福祉施設で活躍する卒業生」をお招きして

「やりがい」や「大変さ」など、現場職員ならではのお話を伺えるスペシャルデイを予定しています

2年生イベントとしていますが、3年生や社会福祉科を検討している方も、 ご参加いただけます

 

そこで今回からシリーズで保育士が活躍している保育園以外の施設について紹介していく予定です

きっと、本校が児童福祉施設への就職に強い理由についてもわかってもらえると思います。

 

第1回目 『保育園以外の児童福祉施設 編』

保育士不足という言葉を よく耳にします

よくイメージされるのは「保育園」で活躍する保育士ですが、

保育士不足は、保育園だけではありません

 

下の図は、保育士が活躍している福祉施設の一部です。

保育士が活躍している施設

保育園も児童福祉施設の1つですが、色々な児童福祉の施設がありますね

この図以外にも、「商業施設の託児所」や「ベビーシッター」などもあります!

 

次週は、「児童養護施設 編」です。

 

保健保育科 教員より

ページトップへ